妻がハマっているSNSは実は「SNS不倫」かも?!SNS不倫の見つけ方

こんにちは、京介です。

ガラケー時代はモバゲーやグリーなどのゲーム内の不倫や疑似恋愛が多かったのですが、スマホに以降してからは「SNS不倫」という言葉ができるほど不倫の仕方が変わってきています。

といっても、SNSで男性とやり取りをしているだけでは不倫をしているとはいえませんよね。
このSNS不倫、具体的にどのようなことをした時にそう呼ばれるのでしょうか。
今回はSNS上での不倫とはどんなものなのか、どんな妻がSNSを使っているのかご紹介します。

なぜ既婚の妻がSNS不倫をしてしまうのか

SNS上でやり取りをすることだけがSNS不倫とはいわず、あくまで不倫をする時にSNSが中心にあることが特長。
つまり、SNS上で出会い、やり取りをして、実際に会って肉体関係になることをSNS不倫と言います。

SNS上でやり取りしているため、一緒に会ったことをSNSに綴ったりとかなり大胆なSNS不倫をすることも。

主に不倫のきっかけとなるSNSは

  • Facebook(フェイスブック)
  • Twitter(ツイッター)
  • Instagram(インスタグラム)

などかなりメジャーなSNSが大半。

SNS不倫は不倫の中でもかなりリスクが高いと言われています。
これは本人のSNSのセキリュティ管理が甘いとすぐに不倫の証拠を掴む事ができるからです。

例えば、Twitterではフォロワーしか見れないようにする「アカウントロック機能」があるのですが、これを利用していなければフォロワーでなくても不倫の内容をいくらでも見ることができるというわけです。
このようにSNS不倫は何をするにもSNS中心のため、ネットで検索すればゴロゴロと証拠が出て来るんです。

ではなぜわざわざSNSを使って不倫をするのでしょうか。

SNSでは共感してくれる人と出会いやすい

一番はこの「共感」が大きいでしょう。
SNSをしている方は分かると思うのですが、SNS上では共感したりいいなと思うアカウントをフォローする事が出来ます。
つまり自分と同じような考えを持っているフォロワーが集まりやすいのです。

そのためフォロワーの間では会ったこともないのに強い絆のようなものがあるように錯覚します。
SNS上では同じ様な考え方の人間が多く集まるため、自分の言うことに対して共感や励ましが多くなるからです。
さらに仲良くなるとSNSのメッセージ機能を使ったやり取りをしたり、中にはLINEを教えて完全にプライベートな2人だけのトーク楽しむ様になります。

このような状態が続いたり、SNS中心の生活が続くと居心地がよくなり、自分を理解してくれる素敵な人に実際に会ってみたいと思うようです。
さらに実際に会ってみたら話が合い、SNSでのやり取りのように共感してくれるから気を許してしまいがちになります。
そうしてやがて不倫関係に発展していくんだとか。

単純にSNSで不倫の出会いを求めている

妻は二年前、モバゲーで知り合った男と不倫してました。会ったのは三回。うち身体の関係をもったのは一度です。
私の仕事が忙しく、寂しい思いからSNSにはまってしまいました。
それからは私自身、仕事を控え、出来る限り二人の時間を作り、苦渋の思いで再構築を図ってきた昨年末、まだ、舌の根も乾かないうちに二度目の不倫が発覚しました。
くしくも、相手は二年前やっていたモバゲーで知り合った一度目と違う別の男です。
期間は7月から12月までの半年間。携帯から証拠の内容を全て確認した結果、月に一回のペースでホテルで会っており、毎回中出しまでされていました。(妻はピルを服用してます)
発覚後、男との関係は終わり、男も慰謝料の請求に応じました。
あれから三ヶ月。
私達には子供は小学生が三人います。
妻曰く、不倫相手の事が好きとかではなく、日々の生活に負われるなかで、彼に必要とされることで、一人の女として自分の存在価値がわかり嬉しかったと。
でも、今ならわかります。考えが異常だった。これからは家庭に感謝して、尽くしていきます。
お願いだから一緒にいてください。と、毎夜懇願され、今に至ります。
匿名-ミクル掲示板

この方の奥さんは寂しさから出会いを求めていたのでしょう。
このようにただ単に不倫がしたくてSNSで相手を探しているという不倫妻もいます。

しかも最初はただ単に寂しさからかもしれませんが、同じ考えの人が集まりやすいためにSNSは中毒になりやすいもの。
そのため再構築を選んで夫側が頑張ったとしてもSNS中毒になっている場合は不倫が再発しやすいんです。

この方の奥さんはしっかりと反省しているからまだ良いのですが、もし妻がSNS不倫をしていたならば、SNSをやめさせることから始めなければなりません。

なぜSNSで不倫相手を探すの?

出会い系アプリをスマホに入れると、iPhoneは必ず画面にアプリが出てしまいますよね。
画面に表示されるため、出会い系を入れるとSNS不倫がバレやすいと感じます。
そこで怪しまれず不倫を行うのに便利なのがSNS。

フェイスブックやツイッター、インスタグラム等は皆が使っているアプリ
まさかそこで不倫のやり取りをするとは思わないだろうと思わせて、SNSを使った不倫をするんだとか。

特にSNSをあまりしたことがない夫は要注意!!
あなたがSNSをしないからと安心した妻がSNS不倫をしている可能性があります。

こういうタイプは夫がSNSをしている友人から「お前の奥さんフェイスブックで友達になってる男とすごいやり取りしてるけど…」と告げられて初めて不倫に気付くというパターンが多いそうです。
まずは妻がどんなSNSを利用しているのか調査してみて、それらをチェックしたほうが良いかもしれません。

SNS不倫を見つける方法

SNS不倫はどうやって探せば良いんだろうと疑問に思いますよね。
そこで実際にSNS不倫を見つけた方は、どのようにして発見したのか見ていきましょう!

それがわかったのはfacebook。
私が今回、友人にすすめられ登録すると、共通の友人を通して旦那を発見。
しかも、名前は本名ではなく偽名を使っていました。
その友達の中に過去の女達の名前がたくさん出てきて、記事には一緒に飲んでいる写真や、コメントには卑猥なコメントも書いてあって、もう何もかもが信じられなくなりました。
通行人-ミクル掲示板

こちらの方は夫がSNS不倫をしていたようで、フェイスブックを通して分かったんだとか。
フェイスブックは多くの人が友達とつながっているので名前を変えていたとしても不倫の特定はかなり簡単
普段からあなたがSNSをしないのであれば、不倫する側は自分の配偶者がまさかSNSは確認するはずないだろうと油断しているようです。
それでなおかつ名前を変えている安心感からか、結構大胆な写真をのせたりコメントをしたりしているようです。

海上自衛隊の佐官と付き合って1年位になりました。
付き合いはじめの頃は気が付きませんでしたが、何だか彼の態度が素っ気なく、かつその時期にSNSで共通の友人から彼に対する問い合わせがありました。『彼にSNSで友達になってからしつこく誘われている』と。その頃は丁度長期訓練で出港中の時期のはずでした。一気に不安になった時に、たまたま寄港先近くのラブホテルのメンバーズカードを見つけ、更に地元でも私と会っていない週は別の女性と約束をしている事がわかりました。
匿名さん-ミクル掲示板

こちらも男性側が不倫をしているのですが、出会い目的でSNSをしているというタイプですね。
SNSで友達になってメッセージ等で女性を不倫に誘っているようです。
これは妻がSNSで友達になった男性を誘う逆のパターンもあります。
誘われた男性側が夫とSNSで友達で「不倫に誘われたんだけど…」と知らせてくれてSNS不倫が発覚したなんてこともあるようです。

4年目も近くなった頃に趣味の友人の影響でFacebookを始めたくらいから更に関係はおかしくなりました。
家事の全てを私が行い、ダイエットと言って食事は一緒に取らず、休日は友人と毎週外出。家では帰宅と同時に寝てしまい、私が寝る頃に起きてきて深夜ずっとFacebookをやっていました。
基本彼女の全てを認めてきましたがさすがに夫婦として危機を感じ、もう少しSNSの時間を私との時間にするよう話したところ、「趣味にがんばっているわたしを応援してくれていると思っていたのに、貴方はわたしの何もわかっていなかった」と話し合うことすらできず、毎日我慢して生活することが増えました。

結婚5年目、そんな生活を1年続けていました。それでも心配なので彼女が外出する時には「何処へ、誰と、何時に帰ってくる」と聞いていました。
6ヶ月前、彼女はFacebookの相手と不倫をしました。
すぐに証拠が出てきて問い詰めたところ、「わたしが出かける時に毎回聞いてくるのは貴方が浮気を疑っているからだ。わたしは貴方に浮気を疑われて生活してきて苦痛だった。彼はそんなわたしを助けてくれた。こんなになったのは貴方のせいだ」と言われました。
「離婚するつもりはないが貴方とは一緒にいたくない。彼とずっと一緒にいたい。彼を愛している。」
「結婚はただの契約。恋愛感情は関係ない。社会的なものだけだ」と言われました。
離婚検討中0-ミクル掲示板

結婚2年目くらいから体の不調を訴え家にいる時は主婦業もせずゴロゴロした生活を送る妻の代わりにずっと仕事も家事も頑張ってきたそうです。
しかし、妻がフェイスブックを初めてからそれは悪化。
出会い系や近所でセフレを求める主婦急増中!!あなたの妻は大丈夫?」でも書きましたが妻が不倫相手に本気になると態度に出てくるんですよね。

妻がフェイスブックを始めてからの行動がおかしくなっていますよね。
明らかに夫のことは二の次
不倫をしていると態度で示しているようなものですよね。
こちらの方は離婚をまだ検討しているようですが、自白や証拠もとれているようですし慰謝料をしっかり取って妻の召使いのような生活からは離れたほうがいいと感じます。

このように妻がSNSをしだしてから生活や行動に変化があって気付く人もいるようです。

SNS不倫を見つけるポイント

  • フェイスブック・ツイッター・インスタグラムなどのSNSを登録する
    共通の友達から妻を見つけられる可能性があります。
  • リアルで夫婦共通の友人に妻がSNSにハマっているなど悩み相談をしてみる
    夫婦間の問題だからと浮気している事を言うか言うまいか悩んでいることもあります。
    相談してきっかけを与えると妻が浮気している情報を聞き出せるかも知れません。
  • SNSをしはじめてから妻の態度や生活パターンが変わった
    特に不倫相手に熱中していればしているほど家事育児を放棄したり、急に素っ気なくなったりと態度や行動に出やすくなります。

SNSをやめさせる方法

SNS不倫はSNS中毒になっているとやめさせることは難しくなってきます。
再構築を目指す人はSNS不倫を二度とさせないためにもこの中毒をどうにかしたいと思う人も多いのでは?

だからといってSNSを全面禁止したり突然スマホを持つことを禁止したりするのはやりすぎ。
もし充分反省したとして再びスマホを与えてしまったら、今までの我慢が爆発して結果的にもう一度不倫をする恐れもあります。

きちんと脱SNSをするのなら、使い方を決めましょう。

SNSアプリはなるべく起動させないようにする

まずは「なるべくSNSアプリを使わないようにする」をルールとして決めておきましょう。
時間を決めておくのもいいでしょう。

徐々にSNSからリアルな生活に近づけていくことが重要です。

SNSアプリ自体を消去してしまい、SNS禁止状態にするとこっそりインストールしてまた利用し始める可能性が高まります。
ある程度制限することで、無理のないリハビリができます。

SNSの通知が来ないようにする

SNSの通知をすべて受け取らないように設定しましょう。
返信来たかな?と何度も何度もSNSを見てしまうのがそもそもの中毒の原因である場合もあります。

SNSの通知を切ることでアプリが気にならなくなります。
さらにSNS以外でのリアルで充実出来るような趣味を一緒に探して上げて下さい。
リアルが充実するとスマホ自体を手に取ることが少なくなります。

重度のSNS中毒の場合は専門家へ

SNSを手放せず、家事や仕事さえもサボる様になったら重度のSNS中毒症状が出ていると考えられます。
さらに、SNSの時間を聞かれると実際よりも短い時間を答えてしまう人も重度の依存症だと考えられます。

病院によってはネット依存・SNS依存を取り扱うクリニックもあるので、ぜひチェックしてみて下さい。

ネット依存症を取り扱う病院

そのほか心療内科などでネット依存症やSNS依存症に対応していることが多いようです。
お住まいの近くの心療内科に問い合わせてみてください。

妻がSNS不倫をしている事が分かったら

SNS不倫をしているのでは、と疑ったらつい妻にその事実を確かめたくなりますよね。
いち早く不倫をやめて欲しいという気持ちもわかります。

しかし、不倫は「やめて」といって簡単にやめようとする人は少ないんです。
また、「ただの擬似恋愛」などと誤魔化されて証拠を全部消される場合があります。
もし妻が不倫をしているかもしれないと疑っても決して顔や口、態度に出さないようにいつも通りに接しましょう。

不倫が発覚した場合は確実な証拠を集める事がとても重要になってきます。
なぜなら不倫という行為は精神的な苦痛家庭崩壊の原因子供への悪影響を及ぼす可能性があるからです。

不倫をした妻にそれだけのことをしたことを分からせるために、離婚・修復・再構築どれを選ぶにしても「確実な証拠」は必要なんです。

調停・裁判でも使える証拠を集めよう

証拠といっても、SNSのやり取りだけでは不十分です。
SNSを通して実際に不倫相手に会い、不貞行為をした事実を証拠としてあげなければなりません。

さらに今後どうなるか分からないからこそ調停や裁判でも使えるようなきちんとした調査報告書が必要となってきます。
これは素人が簡単に作れるようなものではありません。

自分で不倫の証拠集めをしたい時でも、まずは不倫調査のプロである探偵や興信所に不倫の調査方法が違法ではないか、自分でも調査が可能かなど相談してみましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。