不倫の証拠集めは違法になるの?!知っておくべき注意点とおすすめの方法とは

自分の妻が不倫しているかもしれない・・・と日頃の行動を怪しく感じ始めたら、確固たる証拠を掴みたくてたまりません。
しかし、浮気調査に関しては個人を守る法律がありますので、たとえ不倫をしている証拠だとしても、違法性のない方法で証拠を集めなければいけません。

相手はどこの誰?
どこで知り合ってそうなった?
一時の浮気なのか ?不倫してしまっているのか?

日々気になって気持ちがモヤモヤします。
事実を知りたい、はっきりさせたいから証拠集めを始めるのですが、一体どのような証拠を集めるべきなのでしょう?

そもそもどのような証拠を集めればいいのだろう?

民法770条では、不倫について詳しく定義づけをしていませんが、以下の条文で離婚の訴えを提起できると謳っています。

第770条
夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

参考サイト:houko.com

わかりやすく言うと、「配偶者以外の異性と肉体関係を持つ」と不倫(不貞な行為)だと認められ、離婚の訴えとして提起できる、ということです。

そこで不倫の状況証拠になるのは、 「肉体関係」があったと裏付けられる証拠です。
ただ、一度きりの関係では不貞行為があったとは認められませんので、例えば携帯電話やSNSの通話内容で、配偶者と不倫相手が宿泊をほのめかすような会話をしている画面や、ホテルで撮影した写真、宿泊を示すような2人の写真を収集すると有力な状況証拠になる可能性は高いのです。

このような証拠を集める際には、くれぐれも違法にならない方法で証拠を集めなければなりません。

そこで、この記事では違法になってしまう証拠の集め方や、
違法にならない証拠の集め方をご紹介していきます。

違法になってしまう証拠の集め方とは?

不倫の証拠を集める際に、携帯電話やSNSの通話内容の画面や写真が有力とありましたが、実際に配偶者の携帯を盗み見るのは違法になるのでしょうか?
もし違法だとしたら、どのような罰則が科せられてしまうのでしょうか?
個人で証拠を集めるうえでのリスクも含め、解説していきます。

携帯電話の覗き見は違法になる?

実際のところ、配偶者の携帯電話を無断で見る行為は法的には問題視されません。
法律上では夫婦は1つの個体として捉えられており、夫が妻の携帯電話の中のメール等を無断で見たとしても違法にはならないのです。

「法は家庭に入らず。」という法律の格言があるように、個々の家族間のルールに委ね、むやみに法律を適用させるわけにはいかないという趣旨があるからのようです。

しかし、無断で携帯電話を見ている現場を配偶者に見られたらアウトです。
夫婦間であっても携帯電話の中身はプライベートスペースですし、ただでさえ旦那に秘密を持っているのに無断で覗かれている光景を見たら、妻はどう感じるでしょうか。

「私のこと疑ってるの?!」と逆上されるならまだしも、「気持ち悪い。」とただ幻滅されたなら逆効果です。
「無断で携帯を覗き見する悪趣味な夫」という位置づけをされてしまい、さらに警戒されるようになってしまうと今後の証拠集めが難航する可能性があります。
それほど相手へのマイナスイメージは甚大なものです。

基本的に違法にはならないとはいっても、場合によっては違法になることがありますので、個人で証拠を集める際は十分に注意して下さい。

違法になる行為と罪名

では、どのような証拠の集め方が違法になってしまうのでしょうか?
法律では、証拠の集め方が「著しく反社会的な方法」である場合は違法になると言われています。

つまり、常識的に見て悪意が見られるような方法だとみなされた場合、違法になる可能性が高いということです。
以下に証拠の集め方において違法行為に該当しない場合と該当する場合をまとめていますので、注意事項として参考にして下さい。

盗聴器、カメラを仕掛ける

自宅に仕掛ける場合は違法となりませんが、他人の家などに許可無く侵入して設置した場合は住居侵入罪、電話回線に盗聴器をしかけて傍受した場合は有線電気通信法違反電気通信事業法違反となり、違法行為となります。

手紙を勝手に開封した

この場合は親書開封罪になります。
同居している場合は罪に問われませんが、別居している配偶者の家や、浮気相手の家の郵便受けから手紙を盗み出した場合は違法性が高くなり、仮に証拠が取れたとしても証拠能力が認められない可能性が出てきます。

車にGPSを仕掛けて追跡した

妻や家族の車にGPSを仕掛ける場合は問題ありません。
しかし他人の車に仕掛ける場合は、勝手に車に工作をしたり敷地に侵入したりしたのであれば違法行為となり、器物破損不法侵入で訴えられる可能性があります。

携帯電話やパソコンのパスワードを勝手に解除した

携帯電話やスマホ、パソコンのロックを解除しただけでは不正アクセス禁止法違反にはなりません。
ただ、GmailやTwitter、Facebook、mixi、LineなどのSNSに勝手にログインした場合は不正アクセスとなり、違法行為となります。

自分で証拠を集めたいという場合は、「妻の不倫を自分で浮気調査する方法!!確実に証拠を取るにはどうすればいい?」に注意事項などの詳細が書いてありますので、是非参考にして下さい。

個人で証拠集めが難しいと感じたら探偵社へ

個人で証拠集めをしようと思っても、時間や専門的な知識、ノウハウが必要になってきます。
さらに違法行為に該当しないように調査を進めなければなりませんが、ちょっとした油断が違法行為になってしまうことがあります。

仮に個人で証拠が取れたとしても、裁判では最終的に客観的な証拠が強いといわれています。
客観的な証拠とは、例えば「夫と行っていないホテルに他の男性と入っている様子の写真」や、その様子が何日も度重なっていた場合はその都度の写真など、第三者により撮影された証拠のことです。

この場合、一般的には専門的なノウハウも経験も持ち合わせていて、実績も積んでいる調査のプロの探偵に依頼するのが有力です。

しかしながら、まず探偵と聞いて最初にイメージしがちなことは

  • なんだかあやしい
  • 違法性があるのでは?
  • 一度相談したら営業電話がバンバンかかってきそう
  • ちゃんと調査してくれるのか心配

という部分です。
これまで馴染みがなかった業界なだけに、なおさら不安を感じるかもしれません。

まず探偵社が違法なのかどうかについては「探偵は違法なの?なぜ浮気調査を探偵に頼まなければならないのか」に詳しく解説していますのでチェックしてみて下さい。

さらに探偵業は利用者である我々を守るための法律である探偵業法に則りながら営業しなければならないため、適当な活動はできません。
無料で相談を受け付けている良心的な探偵社も多いので、安心して相談して下さい。

もし探偵社に依頼を検討していて、初めての依頼の方におすすめなのが原一探偵事務所。

原一探偵事務所の特長

  • 調査実績年数:44年
  • 解決実績数:110,000件以上
  • 対応地域:全国対応
  • 調査体制:3名・4名の動員可能
  • 料金体制:追加料金なし、見積り料金のみの支払い
  • 支払い方法:クレジットカード(一括・分割)可能
  • アフターフォロー:弁護士の紹介・法的アドバイスあり
  • メディア協力:テレビ朝日「テレビのチカラ」、TBSテレビ「徳光和夫の感動再会”逢いたい”」など
  • 安全性:刑事歴25年、警察署長などを歴任した実力派警察OBが顧問

原一探偵事務所は刑事歴25年で警察署長を経験した実力派警察OBが顧問となっているため、違法性のある調査をしません。
また、調査実績年数も長く、解決実績も業界最大手と言われるだけあります。

状況に応じて調査員の動員数を考えてくれるから失敗する確率も少なくなります。
さらに、見積り料金のみの支払いのため高額な追加料金を請求される恐れもなく安心して依頼することが出来ます。

初めてで何かと不安が多い方こそ、専門の相談員が常に相談に乗ってくれる原一探偵事務所はぴったり。
相談・見積りは無料で契約を迫られることはありませんので、一度気軽に相談してみてください!

妻の浮気を無料で相談する

原一探偵事務所の口コミ

●●様
いつもお世話になっております。

本日、報告書を頂きました。
ご注意いただいていたおかげで落ち着いて中身を確認することができました。

調査員の皆様が一生懸命に追いかけて下さり、同じ場所で何時間も見張ってくださっていたことを知り、やはり素人ではとても無理なことだと感じました。

二人が手を繋いでいる様子がきれいに撮れていてなんとも言えない気持ちになりました。
でも真実を知ることができて心からよかったと思っています。
本当にありがとうございました。

報告書受け取りました。
スッキリしました。色々ありがとうございました。
妻の行動調査

 

色々ありがとうございました。妻の件で依頼した○○です。

当時、妻は深夜帰宅や外泊も有りかなり激しく遊びをしている様子でした。
私自身はその様な妻に愛情はなく、さっさ離婚をして子供たちと新しい生活を送りたいと思っていました。子供たちもそれを望んでいました。

ところが、いざ離婚となったときに妻が「親権は渡さない!」と言い始め、始めは当然その様な素行不良な妻に親権が行くとは考えても見なかったのですが、調停を進めて行くうちに、「親権に関しては母親が絶対的に有利である」事を知らされ、弁護士に相談しても「五分五分かむしろ奥さんに有利」と言われ愕然となりました。
もちろん調停の席で妻の素行不良振りを説明しましたが、妻は真っ向から否定し話し合いにならない状態が続きました…。
やはり日本は証拠社会ですね、証拠が無ければ信用されません…

そんななか弁護士先生から原一さんを紹介されお願いする事になりました。まさか自分が探偵に依頼するとは夢にも考えなかったですし、正直な話し胡散臭いイメージが有り敬遠しがちな存在でした。
弁護士の先生が推薦する探偵社なら…と思い妻の素行調査をお願いしました。
結果は「黒」真っ黒でした。夜な夜な毎回別の男性と遊び歩き午前様。とても子供を養育する大人ではない事が如実に現れていました。結局妻側にも弁護士が付き裁判まで進みました。結果的に、親権は取れたのですが…凄いですね原一さんの報告書は親権が取れず泣き崩れる妻に対して裁判官が「あなたに子供を養育する権限はない!」位の事を言っていましたから。あの報告書が決定打でしたね。

原一さんの報告書が無ければあれ程までに自分に有利な形で裁判を進める事は出来なかったと思います。
弁護士先生が推薦するだけの事はありますね!ありがとうございました。
妻の行動調査

 

3月5日 新宿の○○で依頼した△△です。
この度はありがとうございました。
おかげ様でややこしくなる前に証拠を押さえる事が出来ました
妻は私の対応に若干不満がある様子ですが、相手の男性はホトホト懲りた様子だったのでもう大丈夫だと思います。
長かったですが、やっと決着が付きました。
妻も、私と離婚するうんぬんまでは考えていないとの事でひとまず安心しました。
無理難題なお願いばかりしました。
その点は申し訳なかったと思います。
本当にありがとうございました。
妻の行動調査

実際に原一探偵事務所に依頼された方のお手紙を見てみると、皆さんしっかりとした調査やアフターサービスに満足しているようです。
証拠があるだけで裁判でもより有利に進めることが出来ます。

中には弁護士に紹介されて原一探偵事務所にお願いした方もいらっしゃいます。
探偵業界だけでなく弁護士からの信頼が厚い事がわかりますよね。
初めての方も安心して利用出来るのでぜひ一度相談してみてください。

妻の浮気を無料で相談する

すでに証拠を集めている場合は弁護士事務所へ

なかには長期間にわたって個人で地道に調査をしていき、配偶者にもバレずに確たる証拠を収集できている人もいます。

しかし、その調査方法などがもし違法行為によるものであれば、証拠としての効力がなくなるばかりか、逆に配偶者に訴えられてしまうリスクが考えられますので、「本当にこれでいいんだろうか?」と感じている場合は弁護士事務所に相談することをおすすめします。

「自分は探偵事務所に依頼するのは気が引ける・・・」と感じている人も、相談は無料ですので、弁護士に直接相談してみてから証拠収集について検討してみて下さい。

アディーレ法律事務所の詳細はこちら

9件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。