離婚裁判でシタ妻に勝つ方法!!勝つための注意点とは

離婚裁判で勝つためにはどのような方法があるのでしょうか?
また、どのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

相手に慰謝料親権養育費などの要望を提示したとしても、結局は裁判に勝つことを前提にするくらいの覚悟がなければ獲得することができません。
ここでは、裁判で勝つためにどのような方法があるのかご紹介します。

離婚裁判に勝つための基礎知識

まず離婚裁判とは、夫婦の一方が家庭裁判所に対して離婚を求めて訴えを提起して、相手と離婚及び離婚に関連する問題について争うことです。
訴える側を「原告」、訴えられる側を「被告」といいます。

離婚裁判に勝つことで原告もしくは被告の言い分が通ります。
勝つか負けるか以外の方法では、「和解」といって、裁判所を間に挟んだ話し合いで解決する方法もあります。

離婚裁判をする夫婦の割合

離婚裁判をする夫婦は全体の1%ほどで、90%が協議離婚(話し合いでの離婚)で、9%が調停離婚といわれています。
裁判で勝つ方法だけを念頭に置いていると、協議や調停で相手に流されて勝つどころではなくなってしまう恐れがあります。

勝つ方法だけでなく、どれだけ協議で有利に持っていけるかも重要です。

離婚裁判で争う内容を明確に

争うことができるのは、離婚するか否かだけではなく、具体的には離婚に関わる以下の内容も含まれます。

  • 離婚するか否か
  • 慰謝料を支払うのか?支払うとしたらいくらなのか?
  • 財産分与を支払うのか?支払うとしたらいくらなのか?
  • どちらが親権を持つのか?
  • 養育費を支払うのか?支払うとしたらいくらなのか?
  • 親権を持たない側の面会交流について

養育費・財産分与に関しては審判が行われる場合が多くあります。
審判に勝つ方法としては調停委員や裁判所をどれだけ見方につけるかが問題となってきます。

離婚に関わるどの部分を獲得したいのか、それによって争う形式も変わってくるので、離婚裁判に勝つ方法としても事前にまとめておきましょう。

離婚裁判をするための条件

これは申し立てればいつでもできるというわけではありません。
勝つ方法が分かったからと言ってすぐには出来ないんです。
離婚裁判をする方法として、以下の条件があります。

調停前置主義

調停前置主義とは、基本的に事前に調停をしておかなければならないこといいます。
したがって離婚裁判についても、あらかじめ離婚調停を経なければなりません。
内容によっては離婚裁判の進め方や方法を検討し直したり、弁護士に依頼するなどしなければならないこともあります。

ただ、調停委員を味方につけられずに不調に終わっても、離婚裁判で提出できる物証などを出せば相手に勝つ可能性も高くなります。
そのかわり、調停委員に「相手の浮気は気の迷いだから譲歩してみたら?」なんて言われてもそれを承諾しないようにしましょう。
場合によってはこのような方法で事案を早急に解決しようとすることもあります。

この方法によって争う前に勝つどころか話がなかったかのようなことにもなりかねません。

法定離婚の事由を定める方法

離婚請求は、口頭で主張する方法だけでは認められません。
訴えを起こした原告(サレ)側が、法定離婚の原因(シタ側が浮気した事実)を立証しなければ、離婚請求が認められない場合もあるのです。

これは離婚裁判に勝つ方法を探る以前の問題で、ここをはっきりしておかないとまず勝つどころの話ではありません。

民法770条によると、離婚の訴えを提起することができる事由の一つとして配偶者に不貞な行為があった時」だといわれています。

民法770条 (裁判上の離婚)

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

引用元:民法

ですから離婚請求をする場合には、「性交の存在を確認または推認出来る証拠」が勝つ方法の一つとして必要とされています。
これは原告側に立証責任があり、原告側はその証拠を提示して被告(シタ側)の不貞行為を立証するというような方法を取っています。

以上の2つの条件が揃えば離婚裁判をすることができます。
さらにこの立証する為の証拠などは勝つ方法の一つとしても取り上げられます。

離婚裁判については、「【離婚すると決めたら】離婚調停の仕方や不倫裁判の流れと判例を紹介」の記事で詳しく紹介しています。
長い争いに勝つためにも一度流れやその方法をチェックしておきましょう!

離婚裁判で揃えておくべき書類

離婚裁判に勝つためにも揃えておいたほうがいい書類があります。
これらの書類が実際に争いに勝つ方法にも繋がっていき、逆にこれらがなければこちらの言い分に説得力がないと判断されかねません。
必要な書類はすぐに揃えることが難しい書類なので、あらかじめ揃えておくことをおすすめします。

  • 探偵社・調査会社の調査書類や報告書
  • 不貞行為を認める手紙やメモ、日記、領収書(レシート)など
  • クレジットカードの利用履歴やGPSによる追跡履歴
  • 原告が精神的苦痛や暴力(ドメスティックヴァイオレンス:以下DV)を受けた事を証明する診断書
  • 被告の暴力により破損した物や破られた衣類の写真(DVを裏付けできるもの
  • 財産分与の対象となる不動産登記簿謄本、銀行預金通帳、生命保険契約書など

離婚裁判に勝つために自分で物証を集めたい人は、「妻の不倫を自分で浮気調査する方法!!確実に証拠を取るにはどうすればいい?」で調査の種類や方法を解説していますので、是非参考にして下さい。

また、勝つためには書類だけでなく、必要であれば証人にも出廷してもらうのもいいでしょう。
夫婦破綻に至る経緯有責性など主張事実を客観的に立証するのが勝つ為の一歩にもなります。

とにかく離婚裁判に勝つためには相手の不貞が確実にあり、その事実が夫婦仲を破綻させた確かな原因であることを裁判所に認めさせて勝つための説得力のあるものを提出する必要があります。

離婚裁判に勝つ為の証拠

離婚裁判で必ず勝つには、説得力のある確かな物証を提示しなければいけないことがわかりました。
これは裁判に勝つ一つの方法です。
では、具体的にどのような内容のものが裁判では有力といえ、勝つための方法となりうるのでしょうか。
詳しく調べてみると、意外と日常生活で身近にあるものが裁判にも使えて勝つきっかけにもなるようです。

少し意識するだけで見つけた証拠が裁判に勝つための重要なものにもなるのでどのような方法で揃えるのかも確認してみてください。

裁判に勝つには不貞の証拠は必須!!

離婚裁判の事由で最も効果的で勝つための第一歩となるのが、シタ側の不貞行為を証明することです
裁判上、浮気の事実を明かすには次のようなものが挙げられます。

  • 浮気・不倫相手の自宅に宿泊している様子を収めた映像
  • 浮気・不倫相手とラブホテルに出入りしている映像
  • 「またしよ❤」「昨日はすごい良かった」など、明らかに肉体関係があったと推測できるような文章やメールもしくはLINEのやりとりの形跡、SNSの投稿
  • 配偶者が浮気・不倫を行った事を認めた文章や音声
  • 浮気、不倫相手が不貞行為を認めた文章や音声

また、裁判での能力は場合によりますが、サレ側が不倫日記をつけるという方法もあります。

シタ側が日記をつけている場合もありますが、裁判で提示するならばその日記をまず発見し、対処方法を立てておいたほうがいいでしょう。
その方法によっては裁判に勝つ事はできても満足に慰謝料がもらえなかったなんてことにもなりかねません。
一方、サレ側の日記はそれをしていたことに対する証しや精神的苦痛の訴えとして裁判に勝つためにも有力な記録となります。

これを提示できるとしたら離婚裁判で勝つ確率がかなり上がるので、日頃からシタ妻の行動や精神的苦痛を記録しておくのも対策のうちです。

日記については、「【不倫の証拠の種類と集め方】言い逃れできない確実な証拠とは」で詳しく書かれています。

不貞の根拠を集める際のポイント

裁判上最も注目される部分は、性交の回数や、ホテルなどの個室に不倫相手と滞在した時間です。
この情報があるだけで裁判に勝つ確率はグンと上がります。

基本的に、肉体関係が一度だけだと裁判での離婚事由に不貞行為とはみなされず、裁判に勝つ事ができません。
裁判で勝つためにも、以下のポイントを抑えたうえで集めておくといいでしょう。

  • ラブホテルなどに2人で滞在した場合・・・滞在時間40分以上、その事実が3回以上あることがわかる写真など。
  • 不倫相手の自宅を出入りしている場合・・・5回以上出入りしている写真など。

ちなみに、これらは慰謝料請求をするための証拠にもなりますので、離婚裁判で慰謝料を請求して勝つには、特に意識して浮気現場の写真収集に取り組んでください。

裁判で「悪意の遺棄」を証明するには

裁判での離婚事由の一つとされる悪意の遺棄とは、夫婦仲が破綻しても構わないという意思が伺えるほど、同居義務や互いに助け合う義務を怠ったことをいいます。

民法752条において、夫婦の義務3つ(同居義務・協力義務・扶助義務)について以下のように規定されています。

民法第752条(同居、協力及び扶助の義務)

夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。

引用元:民法

例えば、専業主婦である妻に生活費を一切渡さなかったり、働ける能力があるのにも関わらずそれを拒否したりという、同居の義務に反する行為も該当します。
これも裁判に勝つためにはそれを裏付けできるものが必要となります。

裁判で悪意の遺棄を明証して勝つには、次のようなものが裏付けと認められます。

  • 生活費が支払われていないことを証明できる預金通帳や家計簿
  • 別居に至った日時、経緯などを記載したメモや日記
  • 同居をしながら働いていない事を綴ったメモや日記
  • 家事や育児を放棄していた様子が写っている映像

悪意の遺棄が適用されない場合

裁判で悪意の遺棄を証明する方法の中で、夫婦間の義務に違反していたとしても該当せず裁判に勝てない場合もあります。
以下は悪意の遺棄とみなされないとされますので注意して下さい。

  • 相手のDVなどで一緒に暮らせる状況ではない
  • 夫婦関係を見直すための別居
  • 病気や怪我の療養、子どもの養育や教育のための別居
  • 正当な理由もなく自分(サレ側)から勝手に家を出て行ったにも関わらず、生活費を出してくれないという訴え

このような理由では、悪意の遺棄とはみなされませんので裁判などで提示しないように気をつけて下さい。
また、確実に裁判に勝つためには相手側がこれらを挙げる可能性も踏まえておき、あらかじめ対処方法を考えておきましょう。

裁判で婚姻関係の破綻を明らかにする方法

これを明確にする方法は、事実上婚姻しているもののすでにその関係を継続する意思がない状態を証明することが大切になってきます。。
婚姻関係の破錠を事由とした裁判に勝つにも、まずは物証が必要になります。

  • 性格が合わず喧嘩を繰り返している事が明確に分かる音声や映像記録
  • 暴力を振るわれた結果、ケガをしたときの病院の診断書
  • 長期間セックスレスである事を綴った日記
  • 家庭内で会話がほとんどないことを書いたメモや日記、音声や映像記録
  • モラルハラスメントがあったことが分かる音声記録
  • 別居していたことを証明するための公共料金の領収書

他にもこの事由を示すことになり得るものもあり、離婚裁判に勝つための有力な裏付けになる可能性もあるので、弁護士に相談しながら色々と探してみて下さい。

「婚姻関係の破綻」での離婚裁判に勝つ方法

これは実は裁判で浮気の事実を突きつけられた時のシタ側の言い逃れとしても使われやすい方法ともいえます。

しかし、シタ側が一方的に主張したとしても、裁判ではストレートにそれが認められるケースは殆どありません。
またその方法が影響して勝つことができなかったということはなかなかありません。

夫婦関係が破綻していた旨を認めてもらい、裁判に勝つには、裁判所など第三者から見ても分かるように説明できる状況であることが必要です。

  • 5年以上の別居をしていること
  • 夫婦双方が、「婚姻関係は破綻していた」と認めていること

以上の事実が揃ってはじめて裁判ではこれを理由に勝つ可能性が高くなります。
もし離婚の際に、このような方法で言い訳をしてきてそれが事実があるのであれば、裁判に勝つためにもシタ側にこれらの証拠を揃えられないように注意してください。

証拠を集めて離婚裁判に勝つ方法

離婚裁判に勝つための証拠を集める方法、ちゃんと考えていますか?
自分で揃える際には「反社会的な行為には十分気をつけた方法で集めましょう。

離婚裁判で提出する際には、それを入手した経緯や方法を説明しなければなりません。
この入手方法も裁判に勝つか負けるかを左右します。

浮気の物証を集める際の手段や方法によっては何気なく法律違反を犯していることもあります。
もし「反社会的な行為」だとみなされた場合、状況証拠の効力がなくなる可能性が高く、裁判に勝つどころか裁判所への提出が出来なくなってしまいます。
だからこそ自ら集める方法は推奨出来ません。

自力でそれらを揃える方法とその注意点は、「不倫の証拠集めは法律違反になるの?!知っておくべき注意点とおすすめの方法とは」で詳しく説明していますので、是非一度ご確認ください。

裁判に勝つ方法をしっかりと考えているからこそ、自分で証拠を集めるのが不安だという方は、専門知識やノウハウを持つ調査力の高い探偵社や興信所に浮気調査の相談・依頼する方法もあります。
プロに頼む事により、裁判で勝つ為のクオリティの高い調査資料を作成してくれます。

特にこれから不倫の証拠を集めなくてはならないという状況であれば、自分からリスクを背負う方法ではなく、一度調査のプロに相談してみてはいかがでしょうか。
自分で調査するよりも格段に裁判に勝つ確率も高くなる効率の良い方法とも言えます。

でも裁判に勝つといっても、その費用はかなりかかってきますよね。
勝つためとは言えど、探偵にそこまでの金額は出せない…という人でも安心してください。
街角相談所ではあなたの状況や予算に合わせて最適な探偵社を紹してくれるんですよ。
普通に依頼するよりも20~40%OFFで依頼することができるところも魅力的です。
ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

街角相談所 -探偵-はこちら

6件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。