【不倫用語】2ちゃんねるやTwitterで使用されるネット用語・隠語・符丁まとめ

こんばんは。
ネット系・システム系全般の業務を担当している櫻田です。

当サイトをご覧の方々には、Twitterなど若者が利用するSNSを苦手としている方もいらっしゃると思います。
しかし、奥様の浮気や不倫の確証を得るためには、避けては通れないものですよね。

こういったネット上のコミュニティで特に「疎外感をうける」原因の一つは、ネットスラング、つまり「ネット用語」だと考えられます。

実は、不倫や浮気のカテゴリにおいても、暗号のような「不倫用語」が存在するんです。
せっかく証拠となり得る書き込みを見たのに「意味が理解できない」のはもったいないですよね。

ここではTwitterなどネットで利用される不倫用語の意味や解説を、ネット初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

不倫のネットスラング集

シタ妻/シタ夫/シタ

(した・つま/おっと・お)浮気や不倫を「した」妻、もしくは夫のこと。「シタ」の場合、文脈から読み取る必要があり、より匿名性が高い表現といえます。一般人にはまず理解が出来ない、当事者同士や身近な人間でないと通じない言葉ですね。

使用例

A:総務部の高橋さん、実はシタ妻らしいよw
B:うっそー!あんなに大人しそうなのに!?

サレ妻/サレ夫/サレ

(され・つま/おっと・お)配偶者に浮気や不倫を「され」た妻、もしくは夫のこと。「サレ」の省略活用は「シタ」と同様ですね。

使用例

B:え、じゃあ営業の高橋課長はサレ夫!?ウケる―www
A:奥さんも出世も無くしたんじゃ、未来ないよねーww

プリ/プリン

(ぷり/ぷりん)不倫のこと。転じて、不倫をしている女性のことを指します。どちらにも使えるため、文面による推測が必要です。
不倫相手が独身女性である場合「毒プリ(どく・ぷり)」、既婚女性の場合「鬼プリ(き・ぷり)」という限定表現もあるようです。
一般的な表現の「間男」を女性かした「間女(ま・おんな)」が利用されるケースもあるようです。

使用例

A:そうそう!でも高橋課長も、プリンがいるんだってwww
B:まさか社内ってこと…!?www

間男

(ま・おとこ)妻側が不倫した場合、不倫相手となる男性のこと。この言葉自体は古来からある表現ですが、若年層にはネット用語として捉えられているようですね。
略して「間(ま)」という表現もありますが、これは男女ともに不倫相手に使用される言葉です。
独身の間男を指して「毒彼(どく・かれ)」、既婚の場合「鬼彼(き・かれ)」という表現もあります。

使用例

A:そのまさか!wしかも高橋さんのの元カノwww!!!
B:え、それって、、秘書課のさせ子?

(だぶる)不倫当事者の男女双方が既婚であること。ダブル不倫。

使用例

A:そう!しかも衝撃の事実。させ子、鬼女でした!!!
B:わーまさかの!wwww

され子

(され・こ)両親のどちらか、もしくはその双方が不倫をしている場合、その子ども。不倫「され」た子。

使用例

A:高橋部長もその奥さんもプリンだって。お子さんが不憫よね。
B:され子ね。「お前のかーちゃんプリン~!」ってね。

毒/鬼

(どく/き)独身=毒、既婚=鬼。それぞれ頭文字の音から。前述の通り「毒プリ」「鬼彼」などと言う場合もあります。不倫関係でない、その本人のことだけを表す場合は独身の場合「毒女/毒男(どく・じょ/どく・だん)」、既婚ならば「鬼女/鬼男(き・じょ/き・だん)」と表すことができます。

使用例

B:じゃあさ、総務の高橋さんの間は独男なの?
A:ううん、鬼男なんだって。総務課のC子が言ってた。

汚嫁

(お・よめ)お嫁。特に、相手方の不倫女性から見た、不倫男性の妻のこと。
文字通り蔑称と考えられます。他にも差別的ではないですが、「奥(おく)」「サレ奥」などの表現も、これに当たります。前述の「サレ妻」と同義ですね。

使用例

A:高橋さんが言ってたんだって。『汚嫁よりも私を選んでくれた♡』って。
B:うっわー。人ってホントに見かけによらないもんだね。

レス

(れす)セックスレスのこと。不倫や浮気の発生する発端として、最も多い原因のひとつですね。

使用例

A:高橋さんの間、そう、鈴木係長ね。奥とレスなんだって。
B:それで浮気、かー。あるあるだよね。

プラフリ

(ぷらふり)プラトニックな不倫。プラトニックとは、精神的なつながりを重視する情愛感情「プラトニック・ラブ」のことですね。

使用例

A:それがさー。C子の話だと「私たちはプラフリだ」って言ってるらしいのよ。
B:えぇ!?それ、逆にキモくない?ww

NTR

(ねとられ)寝取られ(NeToRare)の子音字から。
寝取られとは、特にセックス(性交渉)などを機会に自分のパートナーを奪われることを指します。

使用例

B:子どもの恋愛じゃないんだしさー。プリンって大人な恋愛なんじゃないの?
A:でも、させ子はNTRらしいよww。高橋課長絶倫じゃんwwww

子蟻/子梨

(こあり/こなし)子どもあり、子どもなし。

使用例

A:鈴木係長は子梨なんだけどね。さすがにこのままじゃいけないって、火遊びはやめるつもりみたい。
B:プラフリでもアウトでしょw

トメ/ウト

(とめ/うと)それぞれ、姑(しゅうとめ)、舅(しゅうと)のこと。「ウトメ」とした場合、舅姑の夫婦をまとめた呼称。

使用例

A:『ウトメがうるさい』ってwww。
B:じゃあ、高橋さんはしたい派、なんだ?

ロミオ/ロミオメール

(ろみお/ろみおめーる)ロミオとジュリエットのような、甘いやり取りをする相手の男性。また、そのやり取りのメールのこと。
当然、相手方の女性は「ジュリエット」と表現します。殺伐とした不倫用語の中で、なんだか文学的な言葉ですねw

使用例

A:同なんだろうね?C子はとりあえずロミオメールを延々見せられたんだって。
B:それきっついわーwww完全、お花畑だよね。

托卵

(たくらん)元々は鳥類の習性のこと。他の個体の巣に卵を産み付け、世話をさせることを指す。転じて、不倫相手男性の子供を妊娠し、夫の子供として育てること。

使用例

B:可愛い顔して托卵とか、狙ってそうだけどねww
A:それえぐいwwww

エネ夫

(えね・お)エネミー(敵)と化した夫のこと。
男性女性共に自分の配偶者よりも、不倫相手を敵視する傾向にありますが、この場合、配偶者男性に敵視されるケースを指します。

使用例

A:高橋課長がエネ夫になったら、しつこそうだよねww
B:それ!ぜったいホテルに凸とかしてくるよwww

浮気や恋愛に関係する新語集

オープン・リレーションシップ(Open-Relationship)

日本語訳では「開かれた関係」。婚姻、またはそれに準ずる関係でありながら、モノガミーではなくそれ以外の人物との関係を容認している関係性(ポリガミー、ポリアモリー)。
日本人としてはイメージがわきづらいと思いますが、「結婚と恋愛を別に捉える」と考えて頂ければお判りかと思います。自分には妻がいるが、その他の女性と恋愛する、または肉体関係を持つ。そういうスタンスを表す概念です。
一夫多妻、一妻多夫、またはセフレなどの関係がそれにあたると思われます。

モノガミー(Monogamy)

日本語に直訳すると単婚。一般的な概念に基づく、また法的に基づく「婚姻関係」のことを指します。
現代社会において、性や婚姻の在り方が多様性を見せる中で対比されるものの一つと言えるでしょう。つまり、古式ゆかしい考え方(=モノガミー)として表現されることが多いと感じます。

ネット上での証拠集め

不倫ネット用語集、いかがだったでしょうか?

スマートフォンが発達してきた昨今、インターネット、特にSNSでの情報収集は限りなく大きな意味を持ちます。
妻や相手の男性だけでなく、その周囲の人間とのやり取りの中で何かしらの情報を残しているかもしれません。

その時は、ネット用語などの隠語によって匿名性の高いやり取りをしている事が考えられます。

証拠探しについては、以下のリンクも参考にしてみてください。

自分自身ではどうしても見つけられない方は、探偵の手を借りましょう。
生業として浮気調査を行っている彼らなら、いち早く不倫の原因を見つけてくれるはずです。

9件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。